JRA高松宮記念(G1)「波乱の前兆」は既にある!? ダノンスマッシュへの「追い風」、レシステンシアを脅かす「不安材料」とは?

 28日、中京競馬場では高松宮記念(G1)が行われる。すっかり春の風物詩として定着した「電撃の6F戦」は、堅い時は恐ろしく堅いが、荒れる時は手が付けられないほど荒れる。
 2年前は3連単449万7470円が飛び出し、昨年は降着になったとはいえ1位入線は15番人気のクリノガウディ…
Source: ビジネス
JRA高松宮記念(G1)「波乱の前兆」は既にある!? ダノンスマッシュへの「追い風」、レシステンシアを脅かす「不安材料」とは?