作家・下重暁子が考える、悔いのない死を迎えるために今から始められることとは?

 誰にでもいつかはやってくる「死」。

 もし、明日死ぬと決まっていたら、やり残したことはないか? 「何もない」と答えられる人は案外少ないのではないだろうか。

 84歳となった元NHKアナウンサー、作家の下重暁子氏は、この問いに対して自信を持って「ない」と言えるし、死という…
Source: ビジネス
作家・下重暁子が考える、悔いのない死を迎えるために今から始められることとは?