精神科医が語る“戦国一の極悪人”松永久秀…信長の持つ革新性への無理解から裏切った?

戦国時代の武将であった松永久秀は、日本の歴史の中で突出したヒール(悪役)のひとりで、下剋上によってのし上がった人物の典型例として紹介されることが多い。彼は彼の仕業とされたさまざまな「悪事」によって、人格的にも酷薄で問題の多い人物とみなされることが多かった。本稿における記載は主に、…
Source: ビジネス
精神科医が語る“戦国一の極悪人”松永久秀…信長の持つ革新性への無理解から裏切った?