女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事に

大学生の年代を含む15歳~20代の死亡原因の第1位は依然として自殺となっており、特に20代は死亡原因の約半分を占めている。また、大学生の自殺数が減少していない。その点について、藤本昌さん(全国大学生協共済生活協同組合連合会・全国大学メンタルヘルス学会個人会員)は、次のように指摘す…
Source: ビジネス
女子大学生の自殺、なぜ急増?動機別で「就職失敗・進路の悩み」が増加…曖昧耐性が大事に