コロナワクチン、接種の進行管理されず…「国民の何割が接種したか」を把握できず

4月12日から、新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が始まった。ところが、接種予約のキャンセルなどで、余ったワクチンが廃棄されたことが確認された。これについて河野太郎ワクチン担当相は、ワクチンを無駄にしないために「まず接種券を持っている高齢者、次に接種券を持っていない高齢者…
Source: ビジネス
コロナワクチン、接種の進行管理されず…「国民の何割が接種したか」を把握できず