“座礁資産”化する原油、需要減退で価格暴落の懸念…サウジ、宿敵イランに助け求める

原油需要に関する強気の見方が強まり、原油価格はこのところ堅調に推移している(1バレル=60ドル台前半)。世界最大の消費国である米国の石油製品需要は節目の日量2000万バレルを上回った。ガソリン需要も昨年8月の水準にまで上昇し、航空機向け需要も回復しつつある。
Source: ビジネス
“座礁資産”化する原油、需要減退で価格暴落の懸念…サウジ、宿敵イランに助け求める