日本郵政、6200億円で買収の海外企業の実質価値ゼロに…西室元社長の独断経営の負債

日本郵政と子会社の日本郵便は傘下のオーストラリアの国際物流会社、トール・ホールディングスの主力事業の1つを豪ファンドに売却する。売却額は約7億円。トールへの債務保証を実質的に肩代わりすることに伴う減損損失などを含めて、日本郵政は2021年3月期連結決算に674億円の特別損失を計上…
Source: ビジネス
日本郵政、6200億円で買収の海外企業の実質価値ゼロに…西室元社長の独断経営の負債