中国、最大の不良債権処理会社、デフォルトの懸念…国有企業の破綻容認へ転換か

中国の巨大IT企業が勢ぞろいする「ビックデータ博覧会」が5月26日に開幕した。米国との貿易交渉を担う劉鶴副首相は開幕式にオンラインで参加し、「デジタル経済は中国の質の高い発展の新たな牽引役である」と賛辞を送ったが、アリババやテンセントなど巨大IT企業関係者の思いは複雑だっただろう…
Source: ビジネス
中国、最大の不良債権処理会社、デフォルトの懸念…国有企業の破綻容認へ転換か