住吉会と稲川会の和睦が深まる一方で、先が見えぬ山口組分裂問題は6年目へ

ここに来て、静寂に包まれている六代目山口組分裂問題。だが、最近、業界内ではある噂が囁かれていたと関係者らは口にしている。それは、神戸山口組執行部の一端を担う大物組長が引退し、率いた組織を解散させるのではないかという内容だったようだ。「実際にそうした動きがあったのではないかと言われ…
Source: ビジネス
住吉会と稲川会の和睦が深まる一方で、先が見えぬ山口組分裂問題は6年目へ