武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる

中国・武漢ウイルス研究所流出説の信憑性が、ここに来て急速に高まっている。英ロンドン大学のダルグリッシュ教授とノルウェーのウイルス学者のソレンセン氏が「新型コロナウイルスは実験室の操作でしか得られないユニークな痕跡を発見していた」ことが5月下旬に明らかになった。「ウイルスのスパイク…
Source: ビジネス
武漢ウイルス研究所流出説、海外で再び広がる…ファウチ所長のメール公開、風向き変わる